読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shufu37’s blog

趣味と毎日についてです

先週の金曜以来

どうでもいい 毎日

家から出てないことに気付いた。

いや、正確には一回出た。けど、徒歩3分のスーパーへ卵を買いに。

19時すぎてから10分程度の外出。

もともとインドアな性格、長らくの一人暮らし環境であったので、家を出ないことが苦じゃない。

会社勤めの頃、土日は夕方4時以降じゃないと出掛けなかった。

紫外線を浴びたくない、という理由で。

一度日焼けをすると一年近く取れないから。

日焼け止めを塗ってても効いているのかわからない日焼け体質なので、

とにかく日を浴びたくなかった。その頃は美白大流行中だったのも影響。

 

昨日は北の将軍もどきが泊まり出張で不在だったから、顔も洗わず一日終わった。

外に出ない=人目がない、だから怠惰に拍車がかかる。

だがこれでもマシにはなった方。

忘れもしない29歳の冬休みは、起きてる間はDSでFF4。

お腹空いたりトイレ行く以外はずっーとFF。

同時進行で、ずっとやってみたかった「お風呂に何日入らずに居られるか」もついでに試した。

これは三日が限界だった。

泥酔で帰宅してもお風呂だけには入るようにしているような、変な所だけ潔癖のせいか、三日目で限界に。二回スルーで根をあげました。

(かなりの泥酔でもお風呂だけは入っている。だがそれを覚えてない事も多々)

昔話が長くなりだしたら、年寄りの証拠、っていうけど、毎日に大した事件というか、事柄が起きないから昔話に走るんだなぁ、としみじみ。

 

この頃のサボりを後ろめたいためか、今日は長めの投稿。

本当はもっと長く書く予定だったけど、残りは持ち越します。

見直し

どうでもいい

三月初めの法事が終わって以来、やる気がないモードが続いております。

楽しみにしている甲子園の初日第一試合を見逃してしまってるのがその最たる表れ。

これじゃいかん、と思いつつ録画して寝かせておいた「アジア巨大遺跡」を見ながらダラダラ。

四月は一新することを決意。

 

 

昨日から

趣味

春の甲子園が始まっていた。

うっかり、第一試合を見逃してしまった。

夏ならこんなこともないのに、春はどうも今ひとつ盛り上がりに欠ける。

気候的にはいい条件での試合なのに。

もっと試合開始日を大きく宣伝してほしい。高野連、お願いします。

先月の反動か

毎日

先月は毎日更新できたその反動か、今月はサボり気味。

数日前にも書いたが、特に何もない毎日なので、

わざわざ書き連ねるものがない。

楽しみなのは第71回トニー賞。くらい。

ない

毎日

今月は法事が終わってしまってから、特筆すべき事柄もなく、

日々寝返りと最低限の家事しかしていない。

週二回の労働はしているが、労働先のババァは相変わらず。

一時期のオムライス中毒は超えて、シフォンケーキ中毒に。

(某ポ○の樹で食べたオムライスが口に合わず、熱が冷めた)

だけど、オムライス以上にシフォンケーキを食べさせてくれる所が見つからない。

うちにオーブンもないので、自作もできず。自作したことないけど。

 

春めいて来ました

毎日

陽射しの暖かさが徐々に春めいて来ておりますが、朝夕は寒い。

出掛けるのに何を着ていいかまたもや悩ましい時期に。

そして、古都に住む友人より結婚式の招待状が届く。

これまた着ていく物に頭を抱えています。

着物?洋服??どっちにしろ準備をせねば。。

一つ目を見ました

毎日 趣味

今年の初めに書いたこのブログ。

shufu37.hatenablog.com

 

タイトル通り、一つ目を見てきました。

場所は藤田美術館。

今年の春の開館が3/4から始まっていまして、法事の帰りに寄り道。

平日に行ったのですが、その日はご来場の方が多いので、

と、普段は土曜日にしか行われない、学芸員さんの解説が聞けました。

今回の「ザ・コレクション」と銘打たれた展示では、藤田美術館所蔵の国宝と

重要文化財が、前期・後期と日を分けて、展示内容がごっそり変わるとのこと。

後期が始まったらまた見に行かなきゃ!と決意。

曜変天目などの主要展示物(確か三つ)は、会期中、ずっと展示されているそう。

 

で、その曜変天目。

見る前に「見たらその宇宙に吸い込まれてしまう?」なんて考えながら、

いざご対面すると、言葉が出ませんでした。

曜変天目が伝わった時代の日本には、ダイヤとかサファイヤとか、

そういうきらきら輝いたものがなかったと思われるので、

そんな時に、透けるような瑠璃色の、不思議な輝きのあるこのお茶碗は、

見た人の心を奪って仕方なかった、と。

言葉でこの気持ちを表すのは難しい。。

ともあれ、念願叶いました。