shufu37’s blog

趣味と毎日についてです

本の虫

早速、秋の夜長を満喫。

赤毛のアンと神去なあなあ日常は読了したので、ハリポタに手をつけました。

ロンドンに行ったことないし、想像の限界を感じる箇所もちらほら。

実際にUKに住んでいる子供も大人も、自分たちの住む世界のすぐ隣に、

と言う風に想像して、たまらない気分になっているんだろうな、と思った。

 

児童文学で感銘を受けた本の一つに

「クローディアの秘密」

と言う本がある。アメリカの児童文学で、ものすごく有名らしいが、

私は大人になるまで知らなかった。

(子供の頃は図書館に入り浸っていたのだけど)

舞台はNY、メトロポリタン美術館。

11歳の少女クローディアが家出をし、潜伏する先がMET、と言う話なんだけれど、

とにかくアメリカの子供はこの本を読んで、

「どうやったら美術館に泊まれるのですか?」

と沢山投書が寄せられたとのこと。

現在、METに泊まれるかどうかは分からないけど、同じNYの自然史博物館には、

子供とその保護者のみ寝袋持参、好きなとこで寝られるプログラムがあると聞いた。

子供に戻りたい・・・心からそう思う瞬間。。。

ものを知らない子供時代が、ある局面で実に不幸せであるかを体験したので、

こういう「簡単には実行できないこと」が大人の善意で受けられるのは、

子供にとって何よりも貴重で有意義なことだと思われる。

大人になってよかったなぁ、と常々思っていたが、

このプログラムだけは、子供ずるい!と地団駄踏みたくなった。

 

そして、ハリポタは映像で見る方がいいんだろうなー、となっています。