読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shufu37’s blog

趣味と毎日についてです

久々に韓国ドラマ

「麗 ー花燃ゆる八人の皇子たちー」を見始めた。

 

嫌韓ではないが、韓国の俳優さんの顔が覚えられないので(ヨン様とチャンドンゴンだけかろうじて分かる)、

韓流ドラマが大流行していた頃、どれだけ勧められても食指は動かず。

だが、セットと衣装が豪華なので気になって最後まで見たのはこの三つ。

宮 -Love in Palece-

宮S -Seacret Prince-

「ファン・ジニ」

上の二つは韓国ドラマの中でもセットや衣装がすごーく豪華、だと聞いて。

あとラブコメディだから安心して見られるな、と勝手に。

ファン・ジニ」は友達がチマ・チョゴリに憧れていて、変身写真を撮りたい!

→よし、韓国に行ってみよう!ということで、その研究の為に。

最終回のジニの生き方や、友人でありライバルのプヨンの最後のセリフ、ギョンドク先生の教えとか、見ていて面白かった。

あの時代の儒教の元での社会文化(という言い方が正しいかはわからないが)も興味深かった。

衣装や装飾も豪華で目の保養にもなった。

で、「麗」。

元は中国の小説が原作で、中国でドラマ化して大ヒット、で韓国でリメイク、という流れらしく、

気になって中国版(宮廷女官 若曦)のサイトをチェック。

皇子たちが・・・辮髪!!!

こりゃ騒がれない。

韓国版の方がタイプの違う男前を分かりやすくしているから世界で受けるわ、と。

で、ここからは「麗」のネタバレになるのでご注意ください。

 

悲恋。

アクションとハッピーエンドじゃないものは避けているのに、まさかの悲しい終わり方。

しかも、私の感覚でだけでいうと、すごい悲しい終わり方。

どちらも報われない。

wowowでは今8話目を放送したあとくらいなんですが、残り12話、最後まで見てられない。

主役のIUちゃんも朗らかでかわいいし、見続けようと思ったら悲恋。

というわけで、歯茎痺れるようなくらい甘い何かで中和しないと、心が萎れたままになる、と思う次第。

クローゼットの中の厳選漫画集の箱を開きたいが、明日10時に待ち合わせがあるので、

今日は早寝しなければならないというジレンマ。

このままでは夢に出てくるくらい悲しいのに。

中国版はどうもその続編が作られて完結している様子。

ハッピーエンドぽいけど、中国版と韓国版では細かいところがかなり違うので、

どうやって大団円に持って行くのか。

まだ撮影すら始まってないし、続編が作られるかは分からないけど、

あのままの終わり方じゃ悲しすぎる・・・から、作って欲しい限り。

ちなみに、現段階では第四皇子と第八皇子以外の兄弟順や名前、まだ覚えられていません。

 最終回までにはどうにか、だろうか。